時事ネタの最近のブログ記事

新PS3は、TrueHD/DTS-HD MAのビットストリーム出力対応?旧モデルも含めファーム3.00でDTCP-IP対応

何日前のニュースだよ、ってくらい音速が遅いですが。新型PS3の話。

Vistaの哀しき不評も手伝ってか、出来がいいと評判の次期Windows、ゴールデンウィークの終わりにRCが出てきたのでようやく試してみました。見てのとおり、当然のように64bit版です。

seven_rc

ちなみに実行環境は自室の(一応)メインデスクトップ。大体以下のような感じのスペックです

  • CPU:Intel Core2Duo E6600(2.4GHz)
  • マザー:Intel 975X Expressチップセット
  • メモリ:6GB
  • グラフィック: nVIDIA Geforce8800GT (VRAM 512MB)

エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2009年版 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090401_april_fool_matome/

Webの各地でエクストリーム・エイプリルフール2009開催中の模様。ユーモアをきっちり仕込んでる大手企業とかゲーム会社とか例年通りですな。

こういうことをやってのけるってーのが、余裕があるってことなんでしょう。そんな遊び心こそ、クリエイティブな仕事では大事なのかもしれませぬ。

うちではやったことないですが、やるのなら徹底的に仕込みの手間を掛けたいもんですねぇ。後は読者層でどのくらいユーモアを解する人がいるのか。

いずれにせよ、仕掛ける方が楽しんでこそ見る方も楽しくなるっつーもんですな。

?

さて、仕事に戻ろう

念ずれば「ASIMO」が動く---ホンダなどが脳でロボットを制御する基礎技術を開発 - ものづくりとIT - Tech-On!
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090331/168092/

Honda、ATR、島津製作所が共同で、考えるだけでロボットを制御するBMI技術を開発
http://www.honda.co.jp/news/2009/c090331.html

ホンダもよくよく愉快なことをなさる。えすえふ的な何かを次々と出してくるあたりが面白いなぁ。
ポイントは装置の小型化かな。まだ判定可能なコマンドはわずかだけれど、2005年からってことで4年かけてここまでたどり着いた模様。
ちょいちょいとガワをメカメカしくデザインしたらロボットアニメのコクピット的な何かに見せることも出来そうだ。そうして夢は広がる。

実際にどう使うかというのはまぁ今後の研究次第というか、製品・ビジネスに出来るのはまだ遙か先。でも、近視眼的な収益を超越した何かってのが研究開発の楽しいところだと思う。
こういうのを世界に発信し続けることが「技術のホンダ」というイメージを確固たるものとし、技術者や研究者が集まる土壌になるんだろなぁ、と。
"超合金"誕生から35年、さらなる進化を遂げた最先端素材のマジンガーZが登場 「URBAN(アーバン) MATERIAL(マテリアル) CHOGOKIN(チョウゴウキン) マジンガーZ」 カーボン・チタン製の究極のスーパーロボット!2009年秋受注開始決定! | バンダイ | プレスリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2009032501.html

全高600mmということはほぼ1/30スケールですね。恐ろしいことにインサイトが買えてしまうお値段ですよ奥さん(誰

いわゆる超合金玩具ってのは通常亜鉛ダイキャストなわけですが、このチタンとカーボンが主素材ってチョイスは航空機もかくやって感じですね。「くろがねの城」なんだからいっそ全部鉄鋼素材とかでもいいのに(無茶

想像の斜め上を超越したおそろしいアイテム。こういうのの購買層とはいったいどんな人々なのか

ネタ鮮度的に音速遅め。
なんだかんだで侍日本勝ちましたねぇ。やはり自国の代表が頂点に立つ、というのはいいものです。
PC1:イチローの主人公力は異常。10回表の打席とか色々。
国家の威信とかなんとか騒ぐ向きもあるよーですが、それはそれとして。
というか、何回韓国戦やってるんですか、みたいな感じで眺めてました。
 
しかしまー、開催地のアメリカ的には興行としてどーなんじゃろう。そんな些末ごとの方が気になってしまう程度にしか見ていなかったのか儂。
ともあれみんなでおめでとう。

産総研:プレス・リリース 人間に近い外観と動作性能を備えたロボットの開発に成功 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090316/pr20090316.html

ポイント
  •  リアルな頭部と日本人青年女性の平均体型を持つ人間型ロボットを開発
  • 人間に近い動作や音声認識にもとづく応答を実現
  • エンターテインメント分野や人間シミュレーターとして機器評価への応用に期待

産総研がまた何かやってる(褒め言葉。擬人化もとうとうここまできたか。
外観とかどう考えても開発陣の趣味としか思えない。いや、こういうの嫌いじゃないですけど。
こういうのの研究開発は楽しそうでいいなあ。間違いなくビジネスにはならないだろうけれど
コーヒー飲みながら朝刊読んでたら1stガンダムの写真が載ってて何事かと思った。

等身大ガンダム『行きます』 放映30周年(東京新聞Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2009031202000087.html

バンダイナムコホールディングスは十一日、人気アニメ「機動戦士ガンダム」のテレビ放映三十周年記念として、東京・お台場の潮風公園(品川区)に、全高十八メートルのガンダム等身大立像を製作すると発表した。七月上旬に完成予定で、九月末までの約二カ月間、無料で公開する。

日経にも載ってたけど、カラーで大きめに載ってた中日新聞(東京新聞の親方)侮りがたし
なお、下記はバンダイナムコHDのプレスリリース。

バンダイナムコグループの『機動戦士ガンダム30周年プロジェクト』始動!全高18メートルの「機動戦士ガンダム」等身大立像を製作
http://www.bandainamco.co.jp/releases/images/3/50266.pdf


最近の作品と比較すると、割とデザインが箱形で造形しやすいのかしら。
それとも1st世代のガンダマーが企業の中堅層以上になっているから、こんな風に出来るのか。
とりあえず完成したら見に行くしかない。