アイドルマスターシンデレラガールズ6thライブの話アイドルマスターシンデレラガールズ6thライブの話

| コメント(0) | トラックバック(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アイドルマスターシンデレラガールズ6thライブの話
『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!』全4公演を観に行ってきました。
特に後半2公演のナゴヤドームは(普通に歩いて行けるレベルの)地元で開催&担当アイドルの出演とあってとても楽しく参加出来た感じです。

全体的には、センターモニターを使用しないことと、多彩な照明効果を会場全体に向ける事で、色々な部分に見せ場を作ったというところ。見所がありすぎて目の数が足りないすぎる。
また、これによって参加者1人1人で見ている場所が結構違って、終わったあとの飲み会で「ここにはこんな演出が」「こっちではキャストがこういう振りを」「カメラが抜いてないところでイチャイチャしやがっていいぞもっとやれ」みたいな話が盛り上がり、その辺も込みで楽しかったです。
ディレイビューイング開催の告知もされていし、観に行って別の視野を得る必要があるかもしれない...

セットリストについても、4公演に春・夏・秋・冬を割り振り、各公演単位では朝・昼・夕方・夜でブロック分けして特色を出すという、コンセプトが明快なので構えやすい組み方だったと思います。
なお構えたからといってガードは不能であり涙腺を破壊されたPも多数いる模様。

時間的制約がかなり強かったのか転換が早く余韻がやや足りない(特にバラードや聴かせ系楽曲)感じがあったことと、MCが基本的に台本進行で中の人要素が薄め(そのためにメモリアルブック製作)であったのが人によっては不満を感じたかも?
個人的にはキチッと流れがハマってていいなーってくらいでしたが。

細かい話なんて言ってたらキリが無いけれど、総合的に大変満足でした。感想会が楽しいライブはいいライブ。次はどんなステージが待っているのだろうか。
以下、担当アイドル出演曲に絞って雑感

ナゴヤドーム公演Day1

1.イリュージョニスタ

個人専用衣装初披露! デレステSSR1枚目[ただひとつの器]の方で来るだろうと事前予測をして臨んだわけですが、いや、遠目の輪郭だけでそこにいるって解ってしまう体験が出来たのはとてもよかったですね。SS3Aは共通衣装(&自分はLV観賞)なこともあってあんまりそこに担当アイドルがいるんだ、という実感がなかったんですが、今回ばかりは本当にステージにいるんだな、って感想しか出なかったですね。

6.Sunshine See May

メットライフドーム公演で告知があり、ナゴヤドーム公演前にイベント実装されたユニット「山紫水明」の曲。総選挙CD等を除外すれば事実上の初専用曲になるんでしょうか。
曲自体は依田芳乃「祈りの花」の流れを汲む自然派(?)の癒し曲。センターステージでのアクトとなり、青(紫)と緑のペンライトが穏やかな森の中を感じさせてくれました。マイナスイオンでして~

8. Starry-Go-Round

朝ブロックラストの全体曲。馬車(トロッコ)で全員が外周を巡るメリーゴーランドを演出。メットライフドームDay1の初見では動き出した瞬間に大笑いしたものですが3回目ともなるとただただ楽しい。
自分の位置的にレールがちょっと遠かったので歌唱中の動きはあんまり見えていないんですが、今回のライブのテーマを表した大事な曲ですね。
曲終わりからMCに入るとき、森下来奈さんと手を繋いでセンターステージ方向へ向かっていく姿に尊みがありましたね(語彙力)

21. 夕映えプレゼント

一気に飛んで夕方ブロックラストの曲。トロッコに2-2で分乗しての歌唱、やはり遠かったので以下略
秋の夕暮れの、沈んでいく太陽と暗くなる空のちょっと切ない感じを思い起こさせるいい流れですよね。

22. ガールズ・イン・ザ・フロンティア

ヤベー展開満載の夜ブロックの先陣を切る1曲。格好いいんだコレが
イメージ的にはモバゲー版シンデレラガールズSR[クワイエット・ズィール]特訓後の感じですね。デレステの方だと今のところ和テイストあるいは癒し系の雰囲気が前面に出ている感じですけど、こういう側面も出せるんだぞというのが叩き付けられてとてもよかったですね。個人的にこの日のイチオシはここ。

32.Stage Bye Stage~33.GOIN'!!!~34.お願いシンデレラ

本編締めの全体曲&アンコール2曲。閉園間際のパレードといつもの、という感じですね。
完全な私信としてはお願いシンデレラで原田彩楓さんと手を繋いでメインステージに歩いて行く姿が大変よかったですね。あちらはモバゲー版の所属プロ代表の担当なので(マジ何にも関係無い私信)

ナゴヤドーム公演Day2

Day1との共通曲は一部省略で

18. この空の下

センターステージでしっとりと歌い上げる1曲。ウチの担当は歌がうまい(語彙力)
夕方ブロックではありつつも、日没の早い冬のちょっと暗くなってきた空模様といった風情が良。

22. 恋が咲く季節

Day1に続き夕方ブロックのラスト曲に登場。駅前のイルミネーション的な? 何かそんなイメージを持った曲順配置。かわいい(語彙力)

31. always

全Pが泣いた最終広域破壊兵器。全公演で固定の残り3曲を除けば実質の本編ラストに全員曲としてこれを持ってくる千秋楽マジ。
演出として大事なのは、スポットをほぼ使わないフラットなライティング。その徹底たるや前曲の流れ星キセキをセンターで歌唱した3人がメインステージに移動するとき一切照明を当てないところにも現れていたのではないかと。
また、歌割りについても感謝を伝える部分は全員になっているなどもあり、基本的には、ステージで歌唱したアイドルだけでなく、ステージに居ないアイドルも含めた全てのシンデレラガールズからPに向けての"ありがとう"を込めているのだろうなぁ、と。

34.お願いシンデレラ

自由にワチャワチャするタイムでですね、バックステージを3塁側行って1塁側行ってとやった後、3塁側に向かっていく高田憂希さんを捕まえてですね、3塁側のバックスタンドに2人で手を振ってたんですよね。僕のちょうど目の前だったんですよね。山紫水明~(語彙力)
そのあとも2人で手を繋いでゆっくりセンターステージに歩いて行く後ろ姿をずっとみていました。それ以外のことは何か視界になかったのでよく覚えていません。よき

おわりに

藤原肇というアイドルは、さまざまな色を見せて器用に歌いこなす子なんだというのが自分の中のイメージであります。
キャストの鈴木みのりさんはそういった点でとても合致度が高いと思っていて、この2日間ではシンデレラガールズのステージに担当アイドルが存在しているんだという確かな実感をくれた、素晴らしいアクトをして頂きました。圧倒的感謝。
さて、ここから(ちょっとキモチワルイかもしれない)個人的な解釈の話をするんですけども。
藤原肇は既にゲーム内やステージでさまざまな色彩を見せてくれています。
ただ一方、それらは本人の色そのものというよりは、共に立つアイドルの色(個性)を自らの器に注ぎ、それを引き立てるタイプの配役でもあります。例えばSunshine See Mayについては先に書いたとおり依田芳乃の色が強く、SS3AでのNocturne Remixについては、三船美優のカラーが強いといった具合です。その他のは曲自体が元々持っている色の通りですね。
そして、この子が一人でステージに立つとき一体何を見せてくれるのかは、いまだ未知数なわけです。至高の器を焼き上げるには、まだ時間が掛かるのでしょう。
最終的にどんな器が仕上げられてくるのかが、とても楽しみですね。ゆっくりと、待っています。
こちらからは以上です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.soujou.razor.jp/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/240

コメントする