2009年11月アーカイブ

なにこれこわい>はてなブックマーク - 蒼城電網栞 - 2009年11月27日

何かというと創作活動と「晒されたもの負け」の恐怖。 - たまごまごごはん 創作活動と「晒されたもの負け」の恐怖。 - たまごまごごはんに何気なくコメント付けたら、
スターが数字で表記されるくらい付いていた上に、注解エントリ「創作活動と「晒されたもの負け」の恐怖。」勝手に注解 - ビジネスから1000000光年へコメント引用までされていたのでちょっと晒されてるような気分になったなど。
いや冗談ですが。別にそういう訳じゃないってのは判ってますので。

 

閑話休題。
「創作活動と「晒されたもの負け」の恐怖。」勝手に注解 - ビジネスから1000000光年 「創作活動と「晒されたもの負け」の恐怖。」勝手に注解 - ビジネスから1000000光年のブコメ欄ではちと余白が足りなかったので自分メモでもしておこうかなという気分で一つ。
直接ではないにせよ、自分の発した言葉に目に見える反響があると面白いものですね。予想以上だと逆に怖くなったりしますが。

以下本エントリの前提:

  • 大元のエントリ創作活動と「晒されたもの負け」の恐怖。 - たまごまごごはんで取り上げられていた「妄想少女オタク系」での展開はガン無視です
  • y_arimさんがそれは違うんじゃない? と書かれていた一般論的な内容です。”的”なので正しいとか間違いだとかそういうことを言う気はありませぬ
  • そもそもはてなダイアリ&はてなブックマークでの出来事なのではてなでやれ的なところですが気にしません。

SRCでバイナリフラグ管理をするには?の続き。大元のネタはこちらのエントリ
バグの原因は処理の途中に使っていた関数の引数書き間違えていただけでした。まぁ、集中しすぎると単純なポイントを見逃すというね。

こちらでなにやら2進数によるフラグ管理をするにはとかいうようなことが書かれていたので。
ネタというかアイディアを拾ってきて考える悪い癖発動。

ろくなことつぶやいてない。やはりチャットと同じで、その場だけで流れていくからいいのか。

というよりフォローしてる人たちの流れに触発されて書くことも多いわけで、個別の発言だけ取り出しても意味不明なことも多いですね。

 

フォローしていない鍵付アカウントの人へのReplyは表示されてこなかったりもするので、自分のTLには自分の興味範囲(能動的にフォローした対象)のことしか流れない。
オープンなように見えて、その実すごく狭い範囲に収斂しやすいWebサービスだと思います。
Twitterの利用が盛んな集まりに複数所属していると色々な話題が流れるのでしょうが、それにしたって基本的に同じ嗜好の集まりだから、気をつけないと無自覚のうちに自分が見たい話題だけを選別していることになる。

 

見たい話題だけが見えている状態というのは確かに居心地がいいのだけれど、それはあくまで自分が望んだ世界の断片の一部分である、ということは自覚しておきたい。
まぁ、TL上ではそんなこと深く考えないでテキトーに発言してればいいと思いますがっ

作ったっていうか、以前日記として使って移転後は放置していたはてなダイアリーを「蒼城独白録」に改称してTwitterのログ置き場にしてみたということですが。

Twilogもあるんですが、まぁはてなの方が捕捉しやすいかなとか。Twitterのまとめという観点で言うと間違いなくTwilogの方が有用なんですが。別に一つに絞らなきゃいけない道理もないしいいか、と。

ていうかそもそもTwitter使ってつぶやいたりしていない人には意味不明ですよね、スミマセン。

 

大体そんな感じで、サイトは殆ど更新していませんが生きています。多分元気

仕事の合間にちょこちょこ進めています。1週間で15話。リボルガーが出てきましたよ。

結論から言うと割と面白いです。純粋にゲームとして見てもだし、シナリオも大きな違和感はない、かな?
まぁ最終評価はクリアしてからということで。年内には終わると思うけれど。

よもやこの期に及んでスパロボのために新しいハードを買ってしまうとは......

そんなこんなでスパロボNEO始めてみました。ファーストインプレッションは悪くない感じ。
システムが今までとはだいぶ違っていて新鮮度高い。適当に流れで1話終わらせてみたけど、取説読み込んでから再スタートしようかなぁ、とか。

程々楽しんでいこう

あっという間に11月ですね。そんなわけで月一恒例読書まとめ。
少しだけ読書量復活してますが、仕事は妙に忙しいなど。記録してない積読本も実は結構溜まっていたりします。

本当はもうちょっと各書籍に書評モドキ書いてこっちに上げるといいんでしょうけど、
さしあたりは読書メーターのコメント欄くらいの短さでもまぁいいかなぁ、と。

image

10月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2420ページ
積読本の数:1冊