2009年8月アーカイブ

購入から通常使用で二週間ほど経過し、だいぶ慣れてきたのでそろそろ簡単な実使用感でも。

とりあえずSPEEDモードのエクスペリエンスインデックス貼っておきます。この状態だとAeroフリップ3Dもぬるぬる動く。

system 

先週の金曜に東京で会った某えもそ曰く「モバイルノートPCのスコアじゃないよ」とのこと。そらーそうだろう、僕もそう思う。

数値が数値だけに動作も実に快適。自分の必要なアプリケーションも大体動いているので環境的には超OK。

HDDのシーク音も存在しないので、冷却ファンも含め駆動音はかなり静か。

 

とはいえ、注意点がないこともない。

1.内蔵スピーカー

ぶっちゃけ超割れ&歪みを感じる。まぁ、キーボードの上に申し訳程度の小さなのが付いているだけなので当然と言えば当然。

仕事兼用だし基本的に消音で使うから問題ないっちゃーないんですが、軽く曲でも流したいなーとかいうときのがっかり感が凄い。

自分はBluetoothのステレオヘッドセット/ヘッドホン端子からアクティブスピーカー のどちらかで聴いてます。

 

2.放熱

熱対策はかなりしっかりしています。下手なノートだとパームレスト(タッチパッドの横、掌が触れるあたり)や本体下面が触っているのがつらいくらい熱くなるのですが、こいつはかなり長時間動作させても殆ど気にならないレベル。筐体そのもので触って熱いなと感じるのは、液晶のドライブ回路があるであろうヒンジ部程度。

ただし、本体がしっかり冷却されている分、左側面に設けられた放熱口からの熱風はかなりのもの。使用時には左側20cm以内にはモノを置かないこと推奨。何気なくケータイとか放置すると危ないかもしれませぬ。あっという間に暖まります。

まぁ、この辺は物理的にトレードオフでしかないので最適解としては見事かなと。

 

低価格ノート2?3台は買えるくらいの価格ですが、この快適性は他じゃ補えない。いいものを手にするには相応に積まないといかんね、という気にさせてくれるマシンだと。今のところは思うわけです。

オチなどない!

ていうか予約していてとりあえずも何もないですね。発売日は出張で東京にいたため、ちょっと遅れ目で回収完了。

何故か名駅ソフマップ品切れの札があったけど、そんなに生産数少ないのか。まぁそりゃそうか

新PS3は、TrueHD/DTS-HD MAのビットストリーム出力対応?旧モデルも含めファーム3.00でDTCP-IP対応

何日前のニュースだよ、ってくらい音速が遅いですが。新型PS3の話。

image

はい、新しい環境を手元に用意したらまずやるのがこちら。最近全然制作活動してなくてアレですが。

いろいろと勢いが余りましてVAIO type Z(オーナーメイドモデル)を購入してしまいました。
本体で¥280,000ほど、その他ドッキングステーションなどのオプション含めて¥350,000。 スペックの割にはそこそこ良いお値段に仕上がったものではないかと。
しかしまぁ、思ったよりも納入が早かったというか、同封の納品書には購入日が8/27とか書いてある未来の魔法。

構成はCPUがCore2Duo P9700(2.8GHz)、ドライブがSSD256GB(128GB×2 RAID0)とDVDスーパーマルチ。 そして64bitOSである以上、メモリを8GB(4GB×2)積むのは基本ですよね?
とりあえず現在のメインデスクトップを代替する勢いのマシンパワーであり、記憶装置を外付で補えば無問題。

今のところ問題になりそうなのは、IntelVTがBIOSで無効化されていてWindows7のXPモードが使えないことになっている点でしょうか。
 非公式(=自己責任)でBIOSハックできる方法もあるらしいですが、Windows7提供時にはBIOSアップデートで公式対応して欲しいなぁ。そこんとこどうだろうSonyの中の人。

 仮想マシン使ってWin98なりWinXPなりを動かせれば主に趣味の方面で使い道が広がってゆくのであるがなぁ、と。
まぁ、何はなくとも環境構築。ATOKとか入れないとなー。新しいPCはまず使えるようにするまでが大変だ。

うひー、先月読書まとめ以外に一件もエントリ書いてないや。今気づいた(遅

主な要因としては引っ越しというイベントの存在とドラクエ9という何やらの存在。あと、近況的なアレコレは殆どmixi(基本は友人の友人まで)で書いているので、公開スペースであるこっちに書くことがなかなかない。

仕事も何故か色々忙しいので、読書量も控えめ。普段一気読みするはずの電撃文庫がまだ積んであるという辺り、察してください。

 

7月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2688ページ
読んでた本の数:3冊
積読本の数:2冊